2005年08月02日

Taglibについてどうでもいいこと

最近仕事でStrutsを使ってます。
StrutsだからjspではTaglib使いまくりなわけです、また状況に応じてプロジェクト独自のタグを用意するのもまあよくあることです。

でも、みんなを見ててちょっと気がついたこと

<%@ taglib uri="/hoge.tld" prefix="hoge" %>

おなじみのTaglib使用の宣言ですが、これをつい入れ忘れたときがわりとパニック率高いように見えます(笑)
タグの名前間違えたときにはエラーが返りますが、これがないとそもそもprefixがカスタムタグのものだと認識されないわけでそのままスルーされるわけですね。ゆえに気付きにくいみたい。

もちろん、気付けばすぐにわかることなのでそんなに長時間悩む人もいませんがそれでも「あれぇ?」とか「うぬぬ」とか苦しそうな声を聞いて駆けつけると実はここに気付いてない、なんてこともたまにあるようです(笑)

まあ、ほとんどの人には余計なお世話ですが、タグが動かないと思ったら、まずはファイルの頭をチェックしてみよう、ってことで(笑)
posted by Jack at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Java系 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。