2006年01月04日

掲示板SPAM対策まだ完結してなかった編

さてさて、掲示板SPAM対策、色々やってたんですが、今日掲示板を見て愕然としました。

なんか、多種多様なURLがどっさり書いてある。

50件以上は書いてあっただろうか、これじゃ他の記事が読めないし・・・
これだけ多種多様にURLを書かれてしまうと、書き込み禁止ワードにどのURLを設定していいものやら解らないし、設定したところでまた新しいパターンが登場すればそれまでです。

さあ困った、どうする?

そこで今回は、本文中に書き込まれるURLの件数を制限するチェックを追加しました。URLが6件以上検出されるとエラーを返して書き込みを止めます。
相手が人力かつやる気まんまんな相手の場合、ひとつの書き込みを5件以内に分割して大量書き込みなんてこともあるかもしれませんが、恐らくそこまではやらないでしょう。

また、最近2chみたいにttp://でURLを書いていくタイプもあったので、ttp://の場合もばっちり捕まえます。

それから、大量にURLを書くわけではなく、一件か二件くらいしか書かない代わりにエロ宣伝文句満載のSPAM書き込みも最近増えてきてます。こいつが手動なのか自動なのかは解らないですけど、手動書き込みのパターンがあったとしても必ず自動で書き込んでくる奴もいるはずなので、先日のバージョンアップした時に元に戻っちゃってた、フォームパラメータ名の変更も再度やってみました。

同じCGIスクリプトを狙って自動化された書き込みの場合は、これですっかり止められるはずです。

また、今回、それぞれのチェックに対して、実際にチェック処理にひっかかってエラーを返した際にログを記録するようにしました。これで、実際に効果があったのかも含めて把握できるはずです。その報告もここのブログでやっていきたいと思います。

ある程度効果が上がったら、掲示板SPAM対策まとめサイトでも作りましょうか。プログラムを直接改造するタイプの対策を挙げているサイトはあまりなかったようなので、これはこれで意味があるかもしれませんね。
posted by Jack at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Web系 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。